【3Dプリンター】トイドローンTello用のランディングギアを作ってみた

The following two tabs change content below.

Telloに脚が生えました!

最近3Dプリンターにハマっている、のってぃ(@notthi)です。

メイン機のDJI Sparkにつけているランディングギア(脚)をかなり気に入っています。

このランディングギアは、取付けるとカッコいいだけでなく、屋外での離着陸時に機体下部のカメラやセンサーが汚れるのを防いでくれる優れものです。

SparkもTelloも同じなのですが、着陸したときに地面に近いので、機体が汚れやすいです。

Tello はハンドランディングもできますが、離れた位置に着陸させる練習もしたいと思って、「Telloにも脚(ランディングギア)があったらいいな!」と思ったので自分で作ってみました。

早速3D-CADで設計。数回の試作を繰り返しつつ3Dプリンターで作った結果、重さは3.6グラムになりました。

実際に飛ばしてみましたが、飛行には支障なさそうです。

機体下部のビジョンセンサーには干渉しない設計。

ランディングギアをつけたまま電源ボタンも操作可能です。

まとめ

Tello用のランディングギアを自作しました。

作品はひっそりとメルカリに出品中

3DデータはThingiverseにも公開予定です(現在準備中)

次は何を作ろうかな〜!

LEGOアダプターなんかも買うと高いので、自分で作ってみようかな。

3Dプリンターのある生活、楽しいです。

おわりっ!

いいね!を押して
応援をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です