空撮のご依頼方法と撮影までの流れ

1.ご相談・お見積もり

「ドローンの撮影って分かりにくい」という方、ご不明点・ご相談・お見積依頼があればお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ頂く場合、必ず「撮影予定場所」をお伝えください。場所により撮影ができない可能性があります。
GoogleMAPや国土地理院サービスを利用して事前に調査して撮影の可否をある程度はご回答可能です。

ビル群・高圧線近辺・金属の影響を受ける場所など条件により飛行できない場合があります。ご発注前にデモ飛行や詳細打合せ、ロケハンを行うことも可能です(別途お見積)。

ご相談・見積もりフォーム

2.ご発注

正式ご発注のご依頼をお願いします。撮影の候補日を数日調整ください。(ブライダル・式典など予備日設定の出来ない際はあらかじめお知らせ下さい)
撮影予定日が決まったら、撮影前日に天候をチェック。当日撮影の可否を判断しご連絡します。

ライト空撮コース

本格空撮コース

3.現地打ち合わせ・撮影準備

撮影当日に現地へ集合。およそ40分間で機材セットアップ、撮影予定内容をお客さまと打ち合わせします。
風・現地のGPS感度状況・機材・野鳥の自然要因…。天候以外にも、安全を優先しますので、当日撮影できない判断をする場合もあります。
お客様都合によらない当日天候等理由の撮影中止はキャンセル料は発生しません。

4.いよいよ空撮の開始!

ドローンパイロットが操縦する送信機に取り付けられたタブレットを、隣で一緒にご覧いただきながら写真のアングルなどその場である程度ご指定頂くことが可能です。
目視できる範囲かつ離陸ポイントより高度150m以内での飛行となります。

5.空撮写真・動画のデータ納品

ドローン着陸後、その場でタブレットで写真・動画をご確認頂けます。
撮影データは通常翌営業日発送となりご請求書と併せて郵送となります。特にお急ぎの場合は撮影後現地でデータを直接納品させて頂けます。SDカードスロットを備えたパソコンなどをご用意下さい。