トイドローンのTELLOでやりたい外部カメラ 小型アクションカメラのSQ11を開封してみた!

The following two tabs change content below.
土屋武志댊

土屋武志댊

ドローンを見るのも触るのも初心者でこれから操縦訓練をして上手くなっていく所を記事にして行こうと思ってます。 初心者目線でいろんな事を伝えていきたいです。

Telloの外部にカメラを取り付けたい!

今回Telloの外部カメラとして取付け予定のSQ11なるカメラを開封していこうと思います。
箱はこんな黒い箱で、あまり安っぽい感じじゃないのがいいですね。

というわけでSQ11開封の儀!

中身はスポンジに包まれてしっかりと梱包されていますね。

付属は日本語のユーザーズマニュアル・カメラ本体・クリップ付きアタッチメント・充電及び転送用のUSBケーブルですね。カメラのレインボーのラインはシールになっていて簡単に剥がす事が出来ます。(端の方がすでに剥がれてますが笑)

重量の測定です!

トイドローンに載せるので重量は大事です!実際量った重量がこちら・・・

驚きの10g!!これはトイドローンの200g未満とう言う制約がある中で大きなアドバンテージです。カメラ本体だけなら機体に過度な負荷をかけなくて済みそうですね。

カメラ本体の寸法が23mm×23mm×23mmのサイコロですね。非常に小さくてこれでフルHDの1980×1080の映像が取れるんですから驚きです。

マイクロSDを挿入して撮影してみよう!

差し込んだはいいんですが、取り出しが難しい・・・押し込んだら出で来るって訳ではないので、何か簡単に取り出す方法を考えないとですね。

撮影モードが、動画モード1280×720p・1920×1080p・写真モード12メガピクセル・胴体検知モードの4種類あるんですが切り替えの見分け方がLEDの点灯の仕方でしか判別出来ないので分りにくい・・・まっまぁ慣れるしかないですね。

こちらが手持ちの状態の映像

手ブレが酷いですね。酔い注意です(笑)

Telloに両面テープで付けた状態の映像

カメラの操作が難しいので上下逆につけているので日付が逆になってますが気にしないで下さい(笑)(日付も合わせてないです)

厚みのあるスポンジで少しでも振動抑制を期待してこうな感じで付けてみました。

音量注意です!(羽から出る風の音が大きいです)

振動はあまりないように思いますが、左右移動や前後移動の時に機体が斜めになるので映像も斜めになっちゃいますね。

これはジンバルが必要ですね~。

今回はこの辺りで終わろうと思います。次回は進展があり次第また記事にしていきますので、読んでいただければ嬉しいです。

いいね!を押して
応援をお願いします!