ドローンが森に激突。ドローン初心者の私が機体を犠牲にしてまでお伝えするたった1つのこと。

森に突き刺さったドローン
The following two tabs change content below.
ミタニン

ミタニン

2017年5月にドローンデビューいたしました。趣味はウルトラマラソンです。100km〜160kmくらいが好みです。ずっと陸路だったので空からも楽しみたいと思います。

みなさまこんにちは。瀬戸内DRONE WALKER内で「特攻一番機」とか「体当たりライター」と呼ばれる日も近いミタニンです。そんな私ですが、初心者ドローンパイロットが必ず通るであろう道を順調に歩んでおります。そして私の好きなアントニオ猪木さんもこう言われています(※下記に引用いたします)

人は歩みをとめたときに、そして挑戦をあきらめたときに年老いていくのだと思います。この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ。

ということで、ドローンが森に突っ込みました。

森に突き刺さったドローン

簡単に言うと「操作ミス」です。初心者モードを解除して、少し飛行速度を上げたり&速度を保ったまま曲がったりする練習をしておりました。いや…落下の恐怖よりもドローンを飛ばすことの楽しさの方が上回っているということです。これぞ空撮の魔力。

今回の操作ミスの原因は、送信機につけているスマートフォンのモニターではなく、目視でドローン本体を追っていたことです。そのためドローンのさらに向こうにある山との距離感を完全に失ってしまい。躊躇することなく森に突撃いたしました。

前回のプロペラ破損事故で得た経験を活かして対処

激突直後、プロペラと木が戦っている音が聞こえたので、冷静にモーター停止。これは前回のプロペラ破損事故の教訓が活かされています。前回はプロペラを止めるのが遅くなりプロペラが傷だらけになってしまいました。そして突撃場所へ迷いなく走ります。

見てくださいこの茂み…。ちなみにこの辺りはマムシが生息していますので(毎年何匹か地元の人に捕まえられてお酒に漬けられたり、退治されたりしています)普段は入りませんが、そこは愛すべきドローンを救うため、茂みや沼化している田んぼ跡地を駆け抜けます。この必死さの前には障害物など無いも同然です。

ドローン捜索隊

木にぶら下がっているドローンを発見するも手が届かず。脚立を持って再トライ。

あと少しのところで手が届かず、幸いにも家が近くだったので脚立を取りに帰って再チャレンジ。脚立を固定して一番上に脚をかけてドローンをキャッチ!プロペラに絡まった枝を外します!ぱっと見たところプロペラにも破損はなく、本体にも目立った外傷がありません!凄いぞDJI!強いぞDJI!完全に諦めていたのですが光明が見えました!

Facebookに突撃シーンを投稿。ライターですから、、

ドローンの救出前後で、しっかりスマホで写真撮影。転んでもただでは起きない精神が培われていたようです(笑)ネタも作るし、記事もこなすしライターの鏡ですね(笑)それにしても、録画状態で飛ばしていたので、激突シーンが見事に映像に収められていました。記事の終わりに動画を載せますが、激突までの迷いがなさすぎて「わざと?」と思われかねないクオリティです。

あれ?障害物回避センサー切ってたの?という皆さまからの質問に対して。

お答えしましょう。それは今回の機体が Phantom 3 Standard だったからです。ということは、前方への障害物回避センサーはありません。Phantom 4 Professionalであれば、森へ激突することは回避できていたと思います。

Phantom3 Standard

私がお伝えしたいたった1つのこと。それは「初心者こそ上位機種ではじめよう」ということです。

私もそうでしたが、Phantom 4 Professionalは結構良いお値段です(私はショッピングローンで購入しました)初めてドローンを購入される皆さまの多くは、きっとこう思われるでしょう。

はじめてだし、落下とかして壊れても嫌だし、比較的低価格帯のドローンを買って練習しよう。

はい。お財布のこともありますので、言い切れない部分もありますが、安全に飛ばすことを考えると、障害物回避センサーが備わっている上位機種がおすすめです(最新技術が搭載されれば、必ずしも「上位」という表現は正しくありませんが)Phantom 4 Professionalの時は勝手に障害物を検知して止まってくれていたので、その感覚で操作していると突撃します。Phantom 4 Professionalは5方向の障害物を認識します。前回のプロペラ破損事故を含めて、今回で2回目の激突劇でしたが、どちらも操作経験の未熟さが原因です。経験のなさはテクノロジーがカバーしてくれる。みなさま良い空撮を。

夕陽に向かうドローン

おまけ。ドローン激突シーンを(カッコ良さそうに)まとめてみましたのでご覧ください

離陸から激突、そして救出までを55秒でまとめてみました。
https://youtu.be/xNzG1h0airk

いいね!を押して
応援をお願いします!

The following two tabs change content below.
ミタニン

ミタニン

2017年5月にドローンデビューいたしました。趣味はウルトラマラソンです。100km〜160kmくらいが好みです。ずっと陸路だったので空からも楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です