マンフロットのドローンバックパックMB BP-D1が素敵。色々気になることがあったので購入して実際に試してみました。

MB BP-D1
The following two tabs change content below.
ミタニン

ミタニン

2017年5月にドローンデビューいたしました。趣味はウルトラマラソンです。100km〜160kmくらいが好みです。ずっと陸路だったので空からも楽しみたいと思います。

皆さま。こんにちは。瀬戸内DRONE WALKERで皆さまからの「ネタになるから落ちろ」という期待を一身に背負うミタニンです。本日はドローンバックパックのお話です。

マンフロット-Manfrottoからドローン用バックパックが出てる!

元カメラ店勤務の私としては、マンフロット(イタリアの三脚メーカー)といえば、少し高値の花の三脚というイメージがあり、そこが出しているバックパックとなれば間違いないはず!という期待が高まります。

私の所有しているPHANTOM 4 PROには初めからケースが付属しているので、特に買う予定も無かったのですが、このマンフロットのバックパック「MB BP-D1」は一眼レフも一緒に格納できそう!これはバック二つ持たなくても良いのでは!出張には最適だ!と思いポチるモードに入りました。

色々と悩んだ結果として、某大手家電量販店のECサイトから買うのが良さそうだったので(ポイントが付いたりカードの分割が出来るので)カートに入れてポチろうとしたところ…レビューに不穏なコメントがありました。

DJI Phantom 4には対応していません。Phantom 4はバッテリが大きくなっており、写真のようには入りません。

なんということでしょう(涙)と思いながらも、メーカー公式サイトを見ると、対応機種にPHANTOM 4 PROがなく、念のためメーカーに問い合わせてみたところ「PHANTOM 4 PRO」にも対応しています。記述がなくてすみません。とのことでした。

そこで「某ECにこんな書き込みがあったんですが、どうなのでしょう?」と念押しで聞いてみると、確認後にこのようなお返事がありました(※口頭ベースでのやりとりですので、どこかに明記しているわけではないのであしからず)

バックパックの発売当初はバッテリ収納部分が今より小さかったようです。PHANTOMのバッテリーが大きくなったので、それに合わせて最近出荷している商品はバッテリ収納部分も大きくなっています。例えばアマゾンで販売しているものは、PHANTOM 4 PROでも大丈夫ですよ^^

なるほど!マンフロットさん超丁寧!ありがとうございます!ですが用心深い私は(単に気が小さいだけ)某ECサイトにお問合せして、この件を確認してみたところ「型番的には昔のタイプか今のタイプか判断できませんが、メーカーさんがおっしゃるのであれば大丈夫な気がします…」ということで、疑念が99%晴れたので予定通り某ECサイトでポチりました。そしてこちら。Manfrotto MB BP-D1 Drone Backpack D1が届きましたよー!

マンフロットのドローンバックパックMB BP-D1が届いた

MB BP-D1 Manfrotto MB BP-D1 Drone Backpack D1 Manfrotto MB BP-D1 Drone Backpack D1

タグが付いたままなのは、今から開封の儀をやってみて万が一バッテリー入らなかったら、返品の相談してみようと思ったからです。はい小心者ですよ。神経質です(笑)石橋を叩いてもさらに迷うタイプです。だから飛行高度がなかなか上がりません\(^o^)/

みなさんが気になるポイント。はみ出してない?キツくないの?

はい。その気持よくわかります!購入検討時に幾つかのYouTubeのレビューをみて感じたのは、送信機が結構窮屈そうじゃない(´・д・`)?たしかにレビューを見るとバッグの収納部分の高さよりも、機材の方が高い気がします。その部分だけをアップして撮影している動画もあったので、やはり気になる部分でしょう。

というわけで私のPHANTOM 4 PROを、付属のケースから、マンフロットのドローンバックパックMB BP-D1に引っ越してみましたのでご覧ください。皆さまの疑問点(不安点)が解消できるのではないかと思います!

MB BP-D1 MB BP-D1

ここが当初の気になるポイント「バッテリー収納部分」

MB BP-D1

安心してください。余裕で入ります。2つとも大丈夫です!

バッテリーはピッタリ収納!さて本体と送信機はいかに!

MB BP-D1 MB BP-D1 MB BP-D1

ここでPHANTOM 4 PRO本体を収納した際の横からはみ出し具合をチェックします。おそらくここ気になりますよね。次に送信機ですが…ここで恐れていた問題が!入るには入るけどこれってキツくね?(´・ω・`)

MB BP-D1

そうなんです、横に向けても(横だともっと入らない感じ)だめ…。確かに入るには入るが結構あれだな…と若干メソメソしていたら、原因が分かりました。

MB BP-D1

あ…上の収納部分に型くずれしないようにダンボール詰めてあるじゃん!これだーーー!!ということでダンボールを取外して再びチャレンジ。

MB BP-D1

余裕です!全く問題ありません。さて横から見るとどのくらいはみ出しているのでしょうか?なぜそんなにはみ出しが気になるかというと、そんなに頑丈なものでもないので(送信機のアンテナ部分とか)あまり圧力かけたくないですよね。気になる人は気になる部分なんです。

MB BP-D1 MB BP-D1

何も負荷をかけていない状態でここまで閉まります。そして両サイドのジップを閉めるとこんな具合になります。

MB BP-D1 MB BP-D1

全く問題ありませんでした。フタ側にも少し余裕があるので何事もなく収納完了です!そんな具合に今回は写真を沢山使って皆さまのちょっとした不安を解消してみました。ドローン収納部分の上部には一眼レフでも収納できるくらいのスペースがあります。おそらEOS 6Dと50mmの組み合わせとかであれば余裕で入りそうですが、そのレビューはまたの機会にしたいと思います(神経質なのにそこは省くw)

MB BP-D1 MB BP-D1

いいね!を押して
応援をお願いします!

The following two tabs change content below.
ミタニン

ミタニン

2017年5月にドローンデビューいたしました。趣味はウルトラマラソンです。100km〜160kmくらいが好みです。ずっと陸路だったので空からも楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です