瀬戸内のドローン講習に潜入してきた。JUIDA認定校 ドローン大学校瀬戸内キャンパス編

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

講義の内容はズバリ「熱い!」の一言に尽きる。

必要な座学はしっかりと身に着けれるよう、講師陣からも気合いが伝わってくる講義です。ただ座って聞くだけでなく、事例を元に受講される方にも自分で考え周りにシェアすることで腑に落ちる講義内容がひしひしと伝わってきます。

ポイントでアドバイスに入る代表理事の名倉さん。徹底した操縦技術や日々変化するドローン業界を、ご自身の経験をもとに熱く講義をされていました。
一人でも多くのドローンパイロットを育成したい、また安全に運用することで業界全体の発展に寄与したいという想いが伝わってきます。

Q:受講後のフォローは?どのようなサポート体制ですか?

A:受講後のフォローに関しては、ドローン大学校のコミュニティ内で終了生同志の繋がりや、今後のビジネス展開が創造出来る様に活用していただきます。 ドローン大学校が運営する様々な講座にも参加していただける様、情報を発信し終了後も当校と共に受講生様も成長していただけるサポートをいたします。

 

瀬戸内ドローン事業の将来性について質問とドローン大学校瀬戸内キャンパスの第一回講座まとめ

Q:最後にお聞きします。瀬戸内エリアでのドローン事業の将来性について教えてください。
A:温暖な気候と大小700程の島々が存在している瀬戸内では、今後、ドローンを使用しての物流が考えられます。実証実験も含め、ドローンの自動航行を利用した様々なサービスが広っていくと考えております。物流以外でも、太陽光パネル (メガソーラ) の点検や橋梁等のインフラ点検が行える環境が拡大していくと考えております。

今回は講座のお忙しい中、ご協力ありがとうございました。
瀬戸内に新たなドローンを学べる環境が生まれ、ますます学びの場が増えています。自分のスキルアップのためにも活用してみてはいかがでしょう?

それでは素敵な空の世界を!

いいね!を押して
応援をお願いします!