本当に安心のプロペラガードは?TELLOをすっぽり覆うアイツを買ってみた。

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

どうもこんにちは岡田です。
TELLO楽しんでいますか?おそらく2018年に発表された200g未満のドローンでは一番人気の機体になるのではないしょうか?

そんなTELLOは発売から半年以上過ぎても人気は衰えず、社外品のオプションやパーツがどんどん充実しましたね。
ちょっとAmazonを見るだけでも、溢れんばかりのアイテムで目移りしてしまいます。

まさに完全ガード。室内で飛ばすならこのプロペラガードが安心。

200g未満のドローンは室内で飛ばすのも楽しみの一つ。
しかし、万が一ぶつけて部屋のものを壊したら妻に怒られマズイですよね。そんな不安を取り除くべく、全体をすっぽり覆ってくれるプロペラガード「PGYTECHのProtective Cage for TELLO」を購入してみました。

気になるスペックと使用感は?でもお高いんでしょう?

メーカーのスペック表は下記の通り。重要なのは重さと素材そして値段ですね。

PGYTECH Protective Cage for TELLO

ブランド:PGYTECH
アイテム名:保護ケージ
材質:PA
製品重量:13g
使用法:DJI Tello RC Quadcopter用

重さは13g。機体を360°を覆う形状にも関わらず、とても軽くできていて飛行にはまったく影響がありません。

素材はハイポリマーナイロン素材で弾力があり、落下の際にはショックを和らげてくれます。

値段は2,000円と、墜落させて大切なTELLOを壊したショックと修理代を考えると、お守り代わりにはなる金額です。

取り付けは簡単。純正品のプロペラガードを外してプロペラガードの中に機体を入れてそのまま取り付けるだけ。

飛行の使用感は全方位でガードできるので安心感アップ。
ただし、柔らかい素材なので横からの接触に対しては純正のプロペラガードの方が強いという印象です。

XBERSTAR DJI Tello用全面保護カバー プロテクター 丸形ガード ケージ アクセサリー 360度完全保護
次ページは、間違いなく安心できるプロペラガード。しかし!残念なところ・気になるところはコレだ!

いいね!を押して
応援をお願いします!