Tello×3Dプリンターでもっと快適に! GameSir T1dの操作性を上げるパーツが便利すぎ

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

お手軽ドローンのTello。楽しんでいますか?

2018年のイチ押しトイドローンTello、あなたはどんな楽しみ方をしていますか?

優れたビジョンポジショニングセンサーが抜群の安定性を生み、空撮だって静止画サイズで2,592×1,936ピクセル、約500万画素の写真を撮影することができます。操作は専用のアプリでだれでも簡単に操作できる。と、初心者でも簡単に操作して撮影も楽しめる機体です。

使用感やTelloで撮影した動画のサンプルはコチラの記事を参考にしてください。

 

Telloを快適に操作するコントローラーの定番「GameSir T1d」

Telloは基本的にスマホのアプリだけで操作できますが、別売りのコントローラーを使用することでスマホの操作では難しいコントロール性能をアップさせることができます。

様々なメーカーからTelloの外部コントローラーが発売されていますが、定番と言えるコントローラーがこの「GameSir T1d」です。

コントローラースティックの形状がもう少し変われば…というわけで3Dプリンターの出番

「GameSir T1d」は簡単にTelloと接続でき、ゲームコントローラーに近い形状で持ちやすく操作も容易。オススメのコントローラーには間違い何のですが、もう少し微妙なコントロールをしたい場合には、スティックの形状と高さに少し不満がありました。

 
スティック部分の形状がもう少し長かったら微妙な操作ができるのに…
のってぃ
3Dプリンターでスティックの補助部品を作れますよ!
 
まじで!?いい感じのパーツをお願いします!

というワケで3Dプリンターで数々のTelloパーツを作成している瀬戸内DRONEWALKERのライター、のってぃさんにGameSir T1dのスティック補助パーツ作成をお願いしてみました。

次のページは完成した「GameSir T1d」のスティック。どんな感じで出来上がったのでしょうか?

いいね!を押して
応援をお願いします!