瀬戸内飛ばしてみた。広島紅葉シーズンの帝釈峡で学ぶ渓谷空撮の注意点3つ

紅葉シーズン到来!広島でドローン飛ばして紅葉を空から眺めたいというワケで帝釈峡

帝釈峡は広島県の北東部石灰岩台地が深く浸食されて形成されたカルスト台地が広がり、鍾乳洞や渓水の浸食作用によってできた巨大な天然の橋、雄橋(おんばし)のほか、人造湖とは思えない自然と調和した景観の神龍湖(しんりゅうこ)があります。

 

帝釈峡(たいしゃくきょう)は、中国山地に位置する広島県北東部の庄原市東城町(旧東城町)及び神石高原町(旧神石町)にまたがる、全長18キロメートルの峡谷。国の名勝(1923年)に指定されており、比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地。

ウィキペディア/帝釈峡

いいね!を押して
応援をお願いします!


LINEで友達になってください

瀬戸内ドローンウォーカーではLineを使ってイベント情報などを配信しています!


Add friend