ゼロから始める初心者の私。ドローン✕島旅 瀬戸内の多島美をドローンで伝えたい。

The following two tabs change content below.
土屋武志댊

土屋武志댊

ドローンを見るのも触るのも初心者でこれから操縦訓練をして上手くなっていく所を記事にして行こうと思ってます。 初心者目線でいろんな事を伝えていきたいです。

最近流行りであるドローン、空撮•測量•点検など、いろいろな可能性を秘めるこのツールを初心者である僕が、ユニバーサルドローン講師に教鞭をとってもらい、一から操縦訓練をして初心者目線で記事にしていきたいと思います。

さてここで、ドローンの操縦訓練をしていく上で思った事が…

①ドローンを操縦するのに資格•免許はいるの?

②飛行できる場所に制限はあるの?

③せっかくだから何か作りたい…

まぁ初心者にあるあるな疑問と悩みですね(笑)

1の疑問

資格•免許に関しては無いみたいです。民間免許と言う物がありますが、この免許には法的な効力は無いみたいです。200g以上のドローン(無人航空機)には航空法が適用されるみたいです。200g以下の物には適用されないみたいです。後は、国土交通省の飛行許可という物が在るようです。これは10時間以上の飛行練習などのスキル・航空法や安全機能・確認等を必要とするようです。と言っても、試験などがあるわけでは無いみたいです。

許可以外に、

・日中に飛行させること。
・目視範囲内無人航空機及び周囲常時監視。
・第三者又は第三者の建物、第三者の車両など物件との間に距離30mを保っての飛行。
・祭礼・縁日など多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させない。
・爆発物などの危険物を輸送しない。
・無人航空機から物を投下しない。

この6つのルールによらず無人航空機を飛行させようとする場合には、安全面の措置をした上で、国土交通大臣の承認を受ける必要があるみたいです。 って事は、ルールを守れば承認も必要なし・・・

海外ではしっかりとしたライセンス制になっているみたいで機体にも認証番号等が振り分けられているようです。調べて思ったのが、日本緩いな!って感じでした。これは自分自身でしっかりとした安全配慮が必要だと感じますね。

2の疑問

飛行場所については禁止区域はあるようです。空港などの周辺・人口集中地区・150m以上の空域等は禁止区域になるようですが、安全面の措置をして国土交通大臣の許可を受ければ飛行は可能なようです。

禁止区域はネットで簡単に調べることが出来ました。
あと都道府県や市区町村で定める条例によってドローンの飛行が制限もしくは禁止されている場所もあるようです。

3の悩み

これには悩みました( ;∀;)読者の方の興味を引きつつ自分達も楽しみたい、遠出は厳しいから地元の瀬戸内地方で出来る事を考えた結果。

瀬戸内地方にしかない多島と言うメリットを生かして島から見る多島美を空撮していくという物でした。

これに加えて地元の人にお話を聞きつつ島ならではの景色等を撮影(空撮)し紹介していければドローンを生かした記事が作れる新しい空からの視点ででしか見れない映像で、新鮮な印象をお届け出来る。

瀬戸内の多島からの美しい景色・景観などをいろんな人に伝えつつ、自分たちも旅(笑)が出来る一石二鳥なナイスな企画の完成です。こんな思いと疑問から始めていく僕と親友の「ドローン×島旅」これから初心者ならではの練習や疑問に思ったこと記事にしつつ、瀬戸内の多島美を紹介(←これ本命)していきたいと思います。

 

いいね!を押して
応援をお願いします!