瀬戸内飛ばしてみた。岡山ドローン空撮ポイント 倉敷市の円通寺で楽しむ空中散歩

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

倉敷市でドローンの空撮オススメなポイント。春には桜も楽しめる円通寺公園

今回訪れたのは、新倉敷駅から車で約20分にある円通寺公園。
中国観音霊場でもある名刹円通寺に隣接する公園。参拝客をはじめ春はお花見でも賑わう素敵なポイントです。

若き日に良寛が長年修業した曹洞宗名刹

円通寺は、良寛和尚修行の寺として名高い。
元禄11(1698)年、加賀の国金沢の名刹大乗寺の住職を退いた高僧徳翁良高和尚を開山として迎え、開創された補陀洛山円通寺庵が寺の起こりである。
本尊は、行基菩薩作と伝えられる聖観世音菩薩像(星浦観音菩薩)。寺域一帯は岡山県指定の名勝地とした円通寺公園であり、すこぶる景勝の池である眼前に玉島湾や水島灘が光を湛える眺望は格別の風情である。良高和尚も当地を景勝地として称えている。

中国観音霊場より引用

天気は快晴!円通寺に隣接する公園で空撮を開始します。

国民宿舎良寛荘の駐車場からそばに円通寺公園へと続く遊歩道を徒歩で3分ほど歩くと、沢山の桜の木と瀬戸内を望む景色が広がります。訪れたタイミングでは桜の開花にはまだ早く、つぼみがチラホラと膨らんでいる様子でした。

別の機体をやや北に向けると倉敷市玉島の町が眼下に見えてきます。少し右奥に高梁川も見えています。

曹洞宗の名刹、円通寺の境内に空中から向かいます。

茅葺き屋根の本堂をドローンで空中から眺めると、住職さんから許可を頂いているとはいえ少しビビッてしまいます。何はともあれ安全に。安全に。

倉敷市でドローンの空撮オススメな円通寺まとめ。ポイントと注意点

今回のMavicでの空撮をまとめてみましたので、まずは動画でご覧ください。

公園から瀬戸内を桜とともに眺めることのできる景色は、ドローンでの空撮に最高のロケーションです。しかし地図で飛行エリアを確認すると、200g以上の機体を飛ばすには許可が必要な人口集中地区(DID)が比較的近い範囲に広がっています。離陸地点からの飛行距離をきちんと確認してから素敵な景色を空撮してくださいね。

今回は公園から境内とドローンで空撮をしました。もちろん境内を飛行させる際には、前もってご住職さんにドローンの機体や飛ぶ様子も見てもらい、許可を頂いて空撮をさせてもらいました。
「これ(Mavic)で境内の掃除ができたらええのになぁ」と冗談か本気か分からない、茶目っ気たっぷりの笑顔でドローンが撮影する様子を眺めてくれました。

眼下に広がる桜並木と海風感じる景色は、空撮にもってこいのスポット円通寺。岡山県にお越しの際には、ぜひぜひお立ち寄りください。

いいね!を押して
応援をお願いします!

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。