スキー場で空撮してみて分かった注意点と持ってて良かったアイテム2つ

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

車椅子の方でもスキーを楽しめるデュアルスキー体験会を空撮してきました。

 

皆さんはデュアルスキーをご存知ですか?車椅子の方でもスキーを楽しめる、そんな素敵なアイテムの空撮をWater Ground Mountainさんの依頼で実施してきました。 

 

デュアルスキーの詳しい記事はこちら

今回訪れたのは アップかんなべというスキー場。ここで デュアルスキーの体験会があるということでドローンを片手に お邪魔してきました。

季節はもう春なので ここのスキー場は 営業最終日。トップシーズンのスキー場 では 撮影の許可を得ることは なかなか難しいと思いますが 今回は特別に許可を得て 撮影に臨んでいます。

スキー場に限らず 離発着で困る坂道

スキー場なので離発着の場所を決めるのが今回最も大変だったかもしれません。本来は平坦で 安全な場所での 離発着が大原則ですが Mavic Pro では 比較的ハンドリリースが 行いやすいので 場面に応じて 使い分けることにしました

スキー場に限らず 斜面での離発着や 岩場や砂地など 安全で平坦な場所が いつもあるとは限りません。場合によっては ハンドリリースとハンドキャッチを 練習しておいても良いかもしれませんね。

スキー場で空撮をする時に あって良かったアイテムNDフィルターは必須

随分と雪が溶けたとはいえ 天気が良いスキー場は 太陽の光が眩しく反射しています。撮影地に 白飛び が多く発生するようになり ND フィルターを使っての補正が必須となります。

スキー場に限らず 海の上で太陽の光が反射するなど ND フィルターを持っておくだけで 空撮の手助けになってくれること間違いなしです。

 

最低限の装備とはいえ 用意するものはたくさんある。そんな時にオススメのバッグはこれだ!

スキー場中腹で滑走を狙って の空撮を依頼されていたため、私自身もスキーをはいて撮影ポイントの移動が必要になりました。できるだけ身軽な状態で移動が 必要な空撮の現場なのでバック一つに収まるように必要な道具も厳選 しないといけません。そんな状況で今回最も活躍したバッグは写真の一眼レフカメラバッグ。

元々はカメラ本体や予備レンズなどを納める携帯用のバッグですが、なんとMavic Proのサイズにピッタリです。予備のバッテリー、風速計やNDフィルター頑張れは何とかiPad も収納できてしまいます。移動を伴う撮影の際にコンパクトに納める優れものです。安くてオススメ。

スキー場での空撮 意外と役立つことまとめ

  • 撮影地の白飛びを防ぐためにNDフィルターは必須アイテム
  • 移動 を伴うスキー場 では 必要なものをコンパクトにパッケージする バックがあれば とっても便利 
  • いつも 離発着の場所が平坦で安全とは限りません。ハンドリリースとハンドキャッチの練習はやっておいた方が吉。

今回のデュアルスキー体験会の様子は地元の新聞でも取り上げられていました。


皆さんも機会があればぜひ体験してみて下さい。

そろそろ空撮の楽しい 春の足音が 聞こえてきましたね それでは素敵な空撮ライフを!

いいね!を押して
応援をお願いします!