瀬戸内飛ばしてみた。一度は降りてみたい無人駅 愛媛県の双海町にある「下灘駅」

The following two tabs change content below.
岡田 秀一

岡田 秀一

ツリーイングインストラクター。自然体験を通じ子供達が経験や体験・笑顔創造の場所作り。瀬戸内空中散歩でドローンのアウトドア活用・地域活性に取り組んでいます。

下灘(しもなだ)駅ってどんなところなの?

愛媛の観光地いうと道後温泉や松山城などがある松山市を中心に訪れるかもしれません。今回ご紹介するのは愛媛県を訪れる際に立ち寄ってほしい駅「下灘駅」です。

下灘駅は、愛媛県の海側を走る予讃線の停車駅。特に観光地というわけでもなく海辺の小さな駅です。しかし、多くの方がこの下灘駅を目当てにやってきます。

そのわけは海と空と素朴な駅というフォトジェニックなロケーションです。目の前に広がる瀬戸内海と青い空。まるで絵画のような風景がそこに広がっています。

青春18きっぷのポスターや映画にドラマと様々なロケ地にもなっています。

素敵なロケーションから映画やポスター、テレビと数多くのロケ地としても使われています。瀬戸内海を望む小さな駅ホーム、素朴だけどなかなか見れない風景、あなたもどこかで見覚えがありませんか?

下灘駅(しもなだえき)は、愛媛県伊予市双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線(愛ある伊予灘線)のである。駅番号S09。標高11 m[1]。観光列車・伊予灘ものがたりが運転停車する。

ホームから広い海(伊予灘)を眺めることができ、駅周辺は鉄道写真の撮影名所の一つとして鉄道ファンの間に知られている。海面を埋め立てる形で国道378が開通するまでは[1]、ホームの下にすぐ波が打ち寄せるほど線路と海岸が近接した「日本一海に近い駅」だった。

wikipediaより

そんな下灘駅を今回空撮させていただきました。

上空から俯瞰すると美しい瀬戸内海が鮮やかに広がります。道路を挟んで下灘駅の駅舎が見えますね。
離発着は許可を受けた私有地およびJRから許可を受けております。

伊予線の電車が下灘駅に到着。

瀬戸内海を眺めながらのんびり電車の旅も楽しいことでしょう。

下灘駅は愛媛県の西側海岸線のほぼ真ん中。松山市内からは約1時間です。

下灘駅の近くにもう一つフォトジェニックなスポット「海に続く線路」

下灘駅から徒歩10分の場所に「海に続く線路」があります。

宮崎アニメの千と千尋の神隠しで「銭婆に会いに行く」と、沼の底駅に向かうシーンを連想させるような不思議な線路。最近ではSNSでも#海へ続く線路というようなハッシュタグもありますね。

地図上では「青石海岸」で検索してみてください。下灘駅を訪れた際にはこの海へ続く線路も立ち寄ってみてもよいでしょうね。

一度は降りてみたい無人駅 愛媛県の双海町にある「下灘駅」まとめ

愛媛県西部をぐるっと観光する際にオススメの穴場スポットをご紹介しました。下灘駅では瀬戸内を眺める景色を目当てに多くの方が訪れます。駐車場の数もあまり多くありませんのでぜひ予讃線で途中下車してみてはいかがでしょうか?

瀬戸内海の魅力は穏やかな海と美しい景観です。様々な場所でそこでしか見れない景色を楽しむ。そんな旅を楽しむのもとても素敵ですね。

それでは素敵な空撮ライフを!

いいね!を押して
応援をお願いします!